コーヒーがマウンテンゴリラを救う?リチャードとゴリラ・ハイランズ・コーヒーの挑戦



「朝起きて、『今日もマウンテンゴリラの生息地を減らしに行こう』とは誰も思いません。」


WWF(世界自然保護基金)が2018年に発表した調査結果よると、現在野生のマウンテンゴリラは1000頭程度しかおらず、絶滅危惧種に指定されています。そして、その半数程度がウガンダの南西部、キゲジ地域に生息していると言われています。


そのキゲジ地域はアラビカコーヒーの一大産地であるにも関わらず、多くのコーヒー農家は買い叩かれ、貧しい暮らしを強いられています。日々の基本的なニーズを満たすこともできない彼らは、マウンテンゴリラが生息する森へ行き、料理や薬に使える木を伐採しています。そして、それらを使用したり販売したりすることで家計のやりくりをしその結果、マウンテンゴリラの生息地が狭まっているのです。つまり、コーヒー農家の貧しさがマウンテンゴリラ絶滅の危機へ拍車をかけているのです。

「朝起きて、『今日もマウンテンゴリラの生息地を減らしに行こう』とは誰も思いません。」リチャードは言います。「コーヒー農家は、仕方なく森林を伐採しているのです。」

そんなリチャードがゴリラ・ハイランズ・コーヒーを起業したのは2015年のことでした。今でこそウガンダのスーパーマーケットや旅行者へ美味しいコーヒーを販売することができている彼ですが、その野心的な事業の始まりは簡単ではありませんでした。

笑顔がとても素敵なウガンダのコーヒー農家の方々ですが、彼らの生活は決して楽ではない。

マウンテンゴリラとコーヒー農家を救う!リチャードの挑戦

リチャードがゴリラ・ハイランズ・コーヒーを始めたのは、2015年のことでした。 キゲジ地域で最もマウンテンゴリラの生息地に近い町のひとつ、キソロで生まれ育った彼は、近所のコーヒー農家の人々の貧困とマウンテンゴリラの個体数減少にコーヒー農家が拍車をかけている問題を解決すべく、起業しました。彼がまず取り組んだのは、コーヒーの生産量拡大と品質の向上でした。


「はじめは、コーヒー農家の人々から協力を得るのは難しかったです。何しろ皆、長い間コーヒーを買い叩かれていた上、バイヤーが支払いを踏み倒すことも経験しているのですから。」


少額の寄付をもらいながら、コーヒー農家へコーヒー苗を配布した上、品質向上トレーニングを行うだけでなく、コーヒーの加工に必要な機材を設置することで徐々に信頼を得ていったリチャード。


私がコーヒー農家へインタビューしたところ、ゴリラ・ハイランズ・コーヒーの買い付け価格は、他社の2倍にもなるケースがあることがわかりました。さらにリチャードは、原材料であるコーヒー生豆だけでなく、より付加価値が付いた焙煎豆を販売することで、活動に必要な資金を集めようとしています。


リチャードに共感し品質向上と生産性向上に取り組むジョセフさん

コーヒー農家へ健康保険の提供!

リチャードの活動はコーヒーに留まらず、コーヒー農家の医療アクセス向上にも広がっています。最近では、キゲジ地域唯一の病院が少額の健康保険の提供を始め、医師と農家から要請を受けたリチャードは、コーヒー農家の健康保険料の補助も始めることができました。 「コーヒー農家の人々は薬を買うことができないため、マウンテンゴリラが生息する森へ行き、伝統医療で使われる木を切り使用しています。もし健康保険があれば、家族が病気になった時は病院へ行き医師の診断を受けた上で、無料で薬を処方してもらうことができます。その方が森林伐採も減らせるし、人々の健康のためにも良いのです」と誇らしげに言うリチャード。


ゴリラ・ハイランズ・コーヒーは、カッピングの結果、スペシャルティ・コーヒ-であることが証明された。

その味はスペシャルティ・コーヒーそのもの!

コーヒーの品質にも、リチャードと農家の地道な努力の成果が表れています。カッピングという手法を用いたコーヒーの品質鑑定では100点中83点を獲得。ゴリラ・ハイランズ・コーヒーは高品質のコーヒーに与えられる称号である“スペシャルティ・コーヒー”だと証明されました。バニラの様な甘さ、レモングラスを思わせるハーバルな香り、そしてシトラス系の優しい酸味を感じさせるこのコーヒーは、間違いなく皆さんのお気に入りの一杯になると確信しています。

ゴリラ・ハイランズ・コーヒーのパッケージは、ゴリラとキゲジ地域の大自然がモチーフ。缶入りと120g入りティン以外は、全種類豆と粉の両方を製造しています。


長期間フレッシュな味を保つのに適した缶入りコーヒーのラベルは、マウンテンゴリラが住む森をモチーフにした。

「日本へ私たちのコーヒーをお届けすることができ、とても興奮しています。是非日本の皆さんにもゴリラ・ハイランズ・コーヒーを美味しく楽しんで飲んで頂き、そして近い将来、ウガンダに来ていただきたいです。その際は、一緒にマウンテンゴリラを見に行きましょう!」と満面の笑みで言うリチャード。ゴリラ・ハイランズ・コーヒーは、7月から2カ月間のテスト販売の後、9月頃に日本で販売を開始する予定です。


0回の閲覧
BNP Japan logo 1 (RGB).png
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン
0